アレルギー対策に効果的な薬

アレルギーの中でも花粉症に悩まされる人の数はとても多く、アレルギー対策として薬が利用されることもしばしばです。花粉症の原因でもっとも多いのはスギ花粉であり、ヒノキ、シラカバ、ハンノキなどが原因の可能性もあります。既に花粉症であることが分かっている場合には、飛散しはじめる2週間ほど前から、抗ヒスタミンを服用します。早めに服薬を開始することで、花粉症のシーズンに表れる症状を軽減することができます。
症状が強く出始めてからでは、抗ヒスタミンだけでは足りません。ステロイド薬を服用したり、ステロイド点鼻薬などを使用することで鼻水や鼻詰まりを抑えます。
これらの対処療法とは異なり、根治を目指す方法もあります。これは、抗原を少しずつ注射してアレルギー反応を起こしにくくする治療法ですが、長期間続ける必要がありますし、必ず治るというものでもありません。
アレルギー反応は花粉症だけではありません。人の体は異物や有害な物質に触れると拒絶反応を起こします。通常は体に影響を及ぼさない小さなタンパク質でも、アレルギーのある人はそれに対して抗体を作り出してしまいます。抗体を作り出す際に皮膚や粘膜がヒスタミンなどのホルモンを放出します。ヒスタミンはかゆみや血管の拡張といった様々なアレルギー症状の原因になりますので、抗ヒスタミンのようなものが効くというわけです。
アレルギー性鼻炎にも抗ヒスタミンが利用されます。鼻水やくしゃみ、目の症状において効果的です。他に、口抗ロイコトリエンが用いられることもありますが、これは鼻詰まりに特に有効です。鼻詰まりに対する点鼻薬では血管収縮薬がよく効きます。
アレルギー対策で処方される薬の基本は抗ヒスタミンであり、まずは現在表れている症状を十分に抑えるために用いられます。鼻詰まりには血管収縮薬が効果的なのですが、薬剤性鼻炎を引き起こすことがありますので1週間程度の使用にとどめなければなりません。また、ステロイドは鼻粘膜の炎症を抑えるのに効果的ですが、作用が強いので子どもの使用には適さないケースが多いようです。
辛い症状は薬で軽減することができますが、日常生活の中にも原因が潜んでいることがありますので、治療と並行して見直してみることが大切です。鼻粘膜を刺激するタバコをやめたり、体調を整えるために十分な睡眠を確保したり、適度な運動を行ったり、バランスの良い食事を摂ることもとても重要です。

■花粉症対策に最適な薬
アレグラ
ザイザル
抗アレルギー薬